【コラム】間取りづくりのポイント

リノベーションの最大の魅力は自分の好みの間取りで家を造れることです。

広くて家族と繋がるキッチンがいい、コンパクトで掃除がしやすいキッチンがいい

家族が集える広いリビングがいい、プライベート空間と収納を充実させたい

広いお風呂がいい、洗面室を広くお風呂はコンパクトでいい

畳でゴロゴロできる場所がほしい、シアタースペースがほしい

それぞれの家族によって必要なものも必要なサイズも全て違います。

物件選びの注意点

やりたい間取りは決まっていても、実現できないマンションもあります。

マンションは管理規約で躯体と呼ばれる全体を支える壁を壊してはいけないというルールがあります。
(コンクリートの壁以外でも管理規約で壊してはいけないと決められているものもあります)

お風呂を広くしたいのに、壁が壊させないために現況のサイズのものしかダメっといった

パターンはよくあります。

これは物件購入前に専門家に見てもらうことをおススメします!

物件購入前に最大限のご提案ができるのがワンストップリノベーションです。

大切なのはストレスなく過ごせる間取り作り

リノベーションのプラン作りが始ると一番最初に決めるのが「間取り」です。

水周りの配置や居室、収納の大きさ、リビングの配置や向きなどを決定しなければいけません。

ストレスなく生活しやすい間取りのポイントは「家族の生活時間」を参考にするとよいと思います。


一日のうちごはんを食べる回数は何回か?

⇒子供の成長と共に家族がそれぞれバラバラの時間にごはんを食べるご家庭もあれば、
 
 決まった時間に家族全員が揃うご家庭もあると思います。

 一日のうちの食事の回数によってキッチンの動線やダイニングとの繋がり方は変わってくると思います。 

 朝ごはんもバラバラの時間に食べるか?お弁当作りはあるのか?

 また、浴室の位置も家族が寝てしまった頃に帰宅して浴室を使うと隣の寝室へ音が伝わり家族内での揉めるというケースも多いです。
 
 生活時間の違う人の部屋は浴室の隣に配置するっといったことも一つのアイディアだと思います。

 オシャレでこだわり抜いた間取りやデザインも大切ですが、日常生活を効率よくストレスなく過ごせる

 水周りの配置と動線を最初に決めると良いと思います。


収納はどうするか?

⇒最近のリノベーション間取りの収納で多いのは、ファミリークローゼットを設置されるケースです。

 ファミリークローゼットとは家族全員の下着や靴下からスーツやコートまでを一つの収納で完結させてしまうというものです。

 メリットは洗濯物の片づけにあちこち回らなくいいことや、「どこのしまったっけ?」という

 探し物がなくなることです。

 ウォークインウォークスルーのクローゼットを選ばれる方が多いです。

 また、大きな壁面がある間取りですと壁面一面をクローゼットというのも使いやすいです。

 各部屋に個々のクローゼットを造らなくてもよいので、居室も綺麗な四角い部屋が作れ大型家具の配置もしやすくなります。

 ランドリースペースの隣に作れば家事動線としてはとても使い勝手がよいです。

 間取り作りはリノベーションの最大のポイントです!

 住む場所のことを家族で考え、みんなの愛着のわく家づくりができるきっかけになればと思います。

 

「幡ヶ谷ベースリフォーム」では間取りから考えるフルリノベーションを承っております。
  40年を超える築年数の物件のリノベーション等数多くの幅広い施工実績があります。
  永く居心地のお家ができるようにお手伝いさせて頂きます。
 ご相談・お問い合わせ