無垢材に見える?内装ドアの紹介

無垢材ブームの中で人気の内装ドアです。

パナソニック社のリアロシリーズ。

無垢材に見えるこのドアですが、実は既成品のシート張りドアです。

無垢材にかなり近い見栄えです。

見た目は木材の風合いたっぷりでも、シート張りのためお手入れがとてもし易く、長年使っても風合いが変わることはありません。

床材も同様のリアロシリーズがあります。
色のバリエーションもあるので、コーディネートしやすいです。

内装ドアリフォーム (2)

写真のドアはリアロウォールナット。
フローリングはカリンに近い色合いの朝日ウッドテック社のブビンガ色。

目黒区青葉台 施工事例

内装ドアリフォーム (3)

お手入れが大変なことが無垢材のデメリット・・・

木の風合いを出しながらも、日々のメンテナンスの楽さがあります。

無垢を使うと床とドアのコーディネートが以外と難しかったりします。

床、ドア、幅木までトータルで商品とあるリアロシリーズは気軽に楽しむことができるためとてもオススメです。

ご相談・お問い合わせ

関連記事一覧

Category

Search