キッチン、ユニットバスのお勧めは?

お客様に「キッチンやお風呂のメーカーはどこがおススメですか??」っとよく質問を受けます。

キッチンを選ぶ (4)

ブランド力やデザイン、それぞれのメーカーイチオシの特徴があるので、「好みですね・・・」っというのが正直な答えなのですが、ご予算とお客様のお好みをお伺いしてメーカーのご提案をさせて頂いております。

久しぶりにTOTOさんのショールームに伺ったのでTOTO社のキッチンについてレポートしたいと思います。
他のメーカーさんで今見ないなっと思っていたフロントオープンタイプの食洗器がありました。

キッチンを選ぶ (2)

今はほとんどのお客様が食洗器を付けられるのですが、浅型と深型の2タイプに、各メーカーで除菌機能などに違いがあるだけだったのですが、フロントオープンはTOTOさんの一つの特徴かもしれません。

食洗器が発売された当初はフロントオープンタイプが主要だったのですが、シンクですすいだ食器を腰をかがめずに食洗器に入れられるっということで、浅型、深型の食洗器が現在は主流になってきました。

キッチンを選ぶ (3)

フロントオープンタイプは食器を入れる時に腰をかがめなければいけないネックがあったのですが、「通いかご」というシンクにぴったりサイズの食器かごが付いているため、シンクで洗ったものを通いかごに入れ、かごごと食洗器に入れることができるため、腰をかがめる回数を減らしてくれます。

キッチンを選ぶ (6)

浅型、深型は意外と食器を入れる順番を考えながら入れていかないと、「ちゃんと洗えてるかな・・・」っと不安になる時もあるのですが、
フロントオープンタイプは入れる順番を気にせず入れられます!

キッチンを選ぶ (7)

次にTOTOさんの特徴は「すべり台シンク」です。

キッチンを選ぶ (5)

シンクが広いと特に一回一回シャワーホースを出して、すみっこのゴミを流したりと結構不便だったりします。
すべり台シンクは洗い物の水でゴミを一緒に流してくれます。
エコな上に一手間減ります。
ちゃっちゃなストレスを減らしてくれる工夫だなっと思いました。
最後に、「水ほうき水栓」

キッチンを選ぶ (1)

シャワーに切り替えた時にほうきのように縦型に水が出ます。水はねが少なく、ぱっと広がり、さらにエアインシャワーで節水効果もあります。

それぞれのメーカーで色々な特徴があります。

お客様もそれぞれ色々なこだわりをお持ちです。

今の家事ネックや日常のちっちゃなストレスを減らしてくれる住宅設備を選ばれることをおススメします!他のメーカーにも様々な特徴があります。また、レポートさせて頂きます!

ご相談・お問い合わせ

関連記事一覧

Category

Search